プロペシアは米国医薬品メーカー、メルク社が開発した男性型脱毛症(AGA)の医薬品です。現在すでに世界60カ国以上で、AGA医療用医薬品としては効果と安全性が認められた。
日本ではMSD(旧万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて発売開始されております。

プロペシアの成分

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

男性型脱毛症(AGA)の主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)※ です。AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。DHTは、5α‐還元酵素という酵素が血液中のテストステロン(男性ホルモンの一種)と結合して作られてしまいます。DHTが減少すれば毛乳頭細胞は活発に毛髪を作るようになり、毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。その結果、退行期の細い毛髪が増えたり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。

プロペシアの主成分は「フィナステリド」と呼ばれる物質です。フィナステリドは、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害する作用がある物質です。
そのため、通常ではテストステロンと結合しやすい性質を持つ5αリダクターゼの働きが弱まって結合しにくくなり、DHTは生成されないということになります。
プロペシアの使用方法
食前もしくは食後に1日1回1錠を水またはぬるま湯で服用ください。
同一時間で服用するとより効果的です。

プロペシアの副作用
安全性が認められ、AGAの対する効果が期待されるプロペシアですが、医薬品である限り副作用があるため、プロペシア服用の際は、その副作用をしっかりと理解しておく必要があります。また、AGAに効果があるからと個人輸入などで気軽に購入せず、必ず専門の医師に相談しましょう。
プロペシアの副作用として、頭痛や腹痛、下痢や眠気といった医薬品によく見られ、他に、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用もあります。
中でも注意しなければならないのは、「性機能障害=男性機能の低下」です。
プロペシアの副作用として最も多く見られるのが、この男性機能の低下なのです。
プロペシア添付文書(2014年3月改訂(第12版))によると、48週間の二重盲検比較試験における副作用として、性欲減退については1.1%、勃起機能不全は0.7%という結果が記載されています。

上記の副作用をみると不安になる方も多いと思いますが、発症率という観点からみるととても低い確率です。あまり気にし過ぎると逆にストレスがかかってしまいますし、プロペシアの副作用について深刻になる必要はないかと思います。

プロペシアを通販してAGA男性型脱毛症に効果がある|JPDrug